記事の詳細

最近の私のマイブームは、ずばり「スパイ」。
毎日、スパイ映画を観ながら通勤電車に揺られ、また、スパイに関する書籍もたくさん読んでおりますので、日々、スパイのつもりで生活しております。

さて、そんな私に株式会社サンヒルズさんより「inSPYre」のプレオープン参加の招待メールが届きました。
「inSPYre」とは、挑戦者がスパイになりきり40ものギミックに身体と頭脳を使いながらミッションクリアに挑戦する「ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設」だそう。
気分だけではなく本格的なスパイ体験ができるなんて!!これは行かねばなりません!

挑戦者はグループ参加オッケー(1人~5人まで)とのことでしたので、呆れるリュックサック1号を引きずりつつ、スキップしながら会場へと向かいました。
【inSPYre】yoko01
会場のドアを開けた途端、そこには秘密基地のような空間が広がっているではありませんか。
88式鉄帽、米軍用ポンチョや20mmバルカン砲、7,62mmと5,56mmの小銃、ショットガンの空薬きょうがさりげなく配置されています。

その他、グレネードが4種類、防護チョッキ等もテンションを上げてくれます。

分かる人が見れば「おお、やるじゃん」と思わせるようなニクい演出です。

また、会場内のスタッフも、inSPYreの仲間として私たちを迎えてくれます。
【inSPYre】yoko02
配付された端末にミッションが命じられると、いざスパイ活動開始。
想像以上に広い活動範囲に四苦八苦。とにかく片っ端から怪しそうな所を触ったりしながら謎を捜していきます。
当然、敵の施設に入り込むわけですから、BLACK-MAXのメンバーがうろうろしております。
とにかくスパイ気分を味わいたい私は、パープルフェチという黒髪の綺麗なBLACK-MAXのメンバーに積極的に声をかけました。
すると、彼女から「がんばってね」と励ましの声が。BLACK-MAXも良いかもしれない…と心が傾きそうになる私。
しかし、不屈の精神力でそれを乗り越えながら諜報活動に勤しみました。
【inSPYre】yoko03
【inSPYre】yoko04

結果はというと、案の定、トホホなものでしたが、非日常感が味わえてとっても楽しかったです。
ちなみに、会場内で発行されるユーザーカードには「顔認証システム」と「ユーザー情報」が登録されており、個人の成績データとして記録されます。これらの 登録情報をスマホ専用アプリを使うことで、ランキングや成績を参照でき、ユーザー同士で”スパイ”の才能を競い合うことも可能になるそうです。
また、ミッション前には併設されているカフェスペースにてBLACK-MAXの食べている特別メニュー「ブラックカレー(トッピングはなんとイモムシ!!)」(¥850)等も味わうこともできます。
アルコールの提供もありますので、刺激が欲しい方や非日常を味わいたい方、みんなでわいわいしたい方はぜひ、inSPYreを体験してみてくださいね。
【inSPYre】yoko05


INFORMATION 【inSPYre】

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 6F(ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町6F)
営業時間:am11:00~am5:00 ※定休日なし
料金:1プレイ 980円(税込)※IDカード新規発行時に100円(税込)を頂戴致します。
参加人数 :1チーム(1人〜5人まで
定員:最大40人/回
所要時間:約20分
利用制限:小学生以上 ※小学生未満のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。
URL:http://inspyre.jp/

関連記事

DISCOVERY KABUKICHOについて

DISCOVERY KABUKICHO 歌舞伎町ルネッサンス オフィシャルサイト
歌舞伎町と聞いて、貴方は何をイメージしますか?
「汚い」?「こわい」?それとも「×××」・・・?
今、歌舞伎町は、安全で楽しいまちに生まれ変わりつつあります。
エンターテイメント・シティ歌舞伎町には、映画館や劇場、ライブハウス、街角でのイベントなどアミューズメントがいっぱい。また、日本全国から世界中の料理までいろんな味が楽しめます。
Discovery Kabukichoは、そんな歌舞伎町の魅力を貴方にお届けします。貴方自身の歌舞伎町をぜひ発見してください

LINK

歌舞伎町ポータルサイト しゃぶしゃぶにいむら ハイジア しんじゅくノート とんかつすずや 新宿東宝ビル 新宿観光振興協会 新宿ルーペ 新宿区商店会連合会 新宿サブナード 新宿サブナード

Facebookもチェック

ページ上部へ戻る